不動産投資で注意すること|安定した生活の為に収益物件をチェック|投資で失敗しない方法

安定した生活の為に収益物件をチェック|投資で失敗しない方法

不動産投資で注意すること

つみきのマンション

空室を避ける契約

不動産投資をして頭を悩ませるもののひとつに、空室ができてしまうというものがあります。こればかりは入居者の都合によるところが大きいため、どれだけ経験のある投資家でもどうにもなりません。空室ができれば当然家賃収入がゼロになってしまうので、経費のためにマイナスになってしまうのです。この問題を解決する方法のひとつとして使えるのが、一括借り上げというものです。この一括借り上げはオーナーである自身の不動産を不動産会社が借り上げ、それを転貸するというシステムになっています。不動産会社が借り上げるので空室の心配はありませんが、間に不動産会社が挟むことで家賃保証が安くなります。しかし、確実に収益が出るという点ではメリットが大きく、さらに管理をする必要もなくなるので使い勝手の良いシステムとも言えます。

家賃の見直しもある

一括借り上げによるメリットは収入が確実になるのと管理が不要になるという点ですが、長期的な契約をするとその後に家賃の見直しが行われます。特に新築のマンションなどでは数年おきに行われ、入居者が少なければさらに減額されることになるのです。それでも、自分で入居者を募っても家賃の見直しはしなければいけないため、一括借り上げが悪いというわけではないのです。通常ならマンション経営には管理会社に委託するのが一般的ですが、一括借り上げで契約すると全ての手続きを不動産会社に任せることになります。そのため建物の清掃やメンテナンス、入居時の募集から退去時の手続きまで代行してくれるという特徴があります。これで管理会社に委託する必要がなくなるので、その分の出費が家賃保証のマイナス分と合うか比較して検討すると良いかもしれません。