安定した生活の為に収益物件をチェック|投資で失敗しない方法

住宅管理にはプロがいます

ビルと手

賃貸経営による不動産投資の難点は、資産管理を伴う点です。マンション管理会社を利用すれば、支援の必要な業務だけを選択して委託できます。各社に様々な特徴がありますが、系列事業者は関連事業に強みを持つ一方で独立系は総合的な業務を専門的に行います。

More Detail

不動産投資で注意すること

つみきのマンション

物件を購入してから空室になるのは避けられず、家賃収入が減ることで頭を悩ませます。しかし、一括借り上げという契約をなら、家賃保証がつくので悩みを解消することができます。家賃の見直しといった減額の問題もありますが、管理を代行するというメリットもあるので、特徴を踏まえて検討してみると良いでしょう。

More Detail

中古の賃貸住宅に投資する

住宅模型

新築物件との比較

不動産投資の初心者には、新築の収益物件のほうが手を出しやすいと言われています。日本人は特に新築のアパートやマンションを好む傾向があり、空室ができにくいことが理由のひとつです。また新築物件は資産価値が高く、それだけ銀行融資を受けやすいため、手軽に不動産投資を始められるという理由もあります。ただし新築の収益物件は初期投資が大きくなるため、どうしても利回りは低くなりがちです。初期投資を回収するには長期の運用が前提となり、その間に周辺の住宅事情が変わらないとも限りません。そこで比較的短期間に高利回りで運用したいなら、中古の収益物件を購入するという選択肢もあります。どちらかと言えば不動産投資の経験者に人気のある方法です。

物件を見抜く目が必要

中古の収益物件は安価なことが最大のメリットで、それだけ表面利回りは高くなります。ただし建物が老朽化していたり立地条件が悪かったりすると、入居者を確保できず、実際の収益は低くなる可能性があります。耐用年数が短いため、早期に投資を回収する必要もあります。不動産会社の提示する数字に惑わされず、自分自身で物件を見抜く目が必要です。新築物件に比べると、アレンジの幅が広いことも中古物件のメリットです。本格的にリフォームして入居率をアップさせるか、利回りを重視して最低限の補修で済ませるか、正解は必ずしもひとつではなく、すべてオーナーの判断次第です。不動産会社にリードされる新築の収益物件よりも、投資家の知識と経験を活かせる点が特徴と言えるでしょう。

家賃の立替えを行う

お金と手

家賃保証会社は入居者とオーナーのどちらにもメリットがあり、家賃滞納があった場合に賃料を立替えてくれるので、オーナーは確実に家賃収入を得られる上に、督促などの様々な業務から開放されます。家賃保証会社によって契約が異なるので、事前にしっかりと内容を調べる必要があります。

More Detail